シルクエキスパート

シルクエキスパートをケノンと比較

シルクエキスパートをケノンと比較

 

「シルクエキスパート」と「ケノン」は、いずれも自宅で手軽に脱毛をおこなうことができる機器ですが、それぞれに特徴と強みがあります。

 

「シルクエキスパート」の強みは、肌に合わせて光の照射を調節する自動調整機能です。短い時間で広範囲を高速照射する「連続照射モード」、ほど良い光で肌への刺激の少ない自動調整をおこなう「やわらかフラッシュモード」、自動調整をおこなわず、最小の光で、仕上げや敏感肌の人に向いている「超やわらかフラッシュモード」という3パターンを使い分けることで、肌を傷めることのない脱毛ができます。本体は、片手で持てるハンディタイプをしていて、そのスタイリッシュなデザインは、数々の賞を受賞しています。

 

「ケノン」で特徴的なのは、収納から使用まで、一貫して統一されているデザインです。ハンディタイプではなく据え置きタイプなのですが、整った丸みのある本体の蓋を開けると、同じカラーの照射部が顔を出します。また、蓋の裏に鏡が付いているので非常に便利です。カラーリングもゴールド・ホワイト・ピンク・ブラックの4色から選ぶことができて、おしゃれの面でもうれしい仕様です。

 

もちろん脱毛効果もしっかりしています。その効果は、大手通販サイトで長期にわたって1位をキープし続けるほどです。据え置き型ということで、安定した光を放つことができます。また、海外製ではなく、あくまでも日本人に向けて作られたものなので、外国人と比べて敏感で傷みやすい日本の肌でも痛みを感じることが少なく済みます。さらに、その中でも個人の肌質に合わせて、3・6・9という連射数を選ぶことができます。また、過去の経験を活かして、残り照射回数を表示してくれるなど、使用者の人のことを考えた作りとなっています。

 

カートリッジは、標準装備のプレミアムに加えて、ストロング、美肌スキンケアなどのカートリッジを用途と部位に合わせて使い分けることで、より効率的で目的に合った脱毛をおこなうことができます。

 

これらふたつの脱毛器を比較してみると、主な違いはハンディタイプか据え置きタイプ、または自動調整をするか自分でカートリッジを付け替えて使い分けるかの違いにあります。シンプルかつ機械に全てを委ねたいという人はシルクエキスパートを、据え置きの本体をインテリアとして楽しみながら、という人はケノンを選ぶと良いです。また、ケノンは使用者の4割が男性ということなので、男性であればこちらをおすすめしますし、カートリッジの交換による本体の共用という選択も可能です。

 

 



脱毛器ケノン